用語集|アプロディーテ美容矯正

近視

【 読み:きんし 】

近くのものはよく見えるのに、遠くのものはぼんやりとしか見えず、かすむ状態を近視といいます。

遠くのものを見るとき、ピントが網膜上で合わずに、網膜の手前で合ってしまう為です。眼軸長(角膜から網膜までの長さ)が正常より長すぎるか、角膜水晶体の光の屈折力が強すぎることによりおこります。

近視は細かい手元の作業を続けると起こりやすく、小学校高学年から始まることが多いです。目の成長が止まるにつれて禁止は進行しなくなります。現代では眼を酷使する機会が多いために20代後半を過ぎても進むことが多いともいわれますが、眼の酷使と禁止の進行を結びつける科学的根拠はありません。

近視の原因は一般的に遺伝と環境であるとされています。療法が原因になることもあります。
近視の人の矯正は、メガネやコンタクトレンズを用いて行われるのが一般的です。

ページトップへ