用語集|アプロディーテ美容矯正

白内障

【 読み:はくないしょう 】

白内障は、瞳孔の後ろにある水晶体が白く濁ってくる病気です。

濁りが増すにつれて視力は少しずつ弱くなっていきますが、充血したり痛んだりすることはありません。白内障は生まれつきのものや、外傷によって起こるもの、その他眼の炎症、遺伝酵素欠陥によって引き起こされるものがありますが、最も多いのは加齢性白内障で、白髪や老眼と同じように、中年期以降に老化現象の一つとして起こります。根本的な原因は解明されていませんが、水晶体を構成するたんぱく質が変性し、白く濁っていくと考えられています。
若年性の白内障では、糖尿病や紫外線による影響、ステロイドなどの薬物が原因となって発症する場合があります。

本を読んでいると眼が疲れる、物がぼんやりかすんで見える天気の良い日にまぶしく感じるといった症状があらわれます。進行すると視力が低下し明暗が分かりにくくなります。

治療では、所期には点眼薬や内服薬を用いて病気の進行を抑えることが出来ます。視力が低下して日常生活に支障が生じる場合は手術で白く濁った水晶体を除去し、水晶体に変わる人工レンズを移植します。

ページトップへ